ふるさと名刺 「鵡川の四季」

1img_4696001
ふるさと名刺 「鵡川の四季」を
むかわ町の方より「宣伝に使って~」といただきました。

私たちのふるさと”鵡川町”を
知っていただきたい・・・
そのきっかけになればと、
この地を知りつくした版画家大野氏に、
鵡川の四季を描いていただきました。
名刺・メッセージカードなどにお使いいただき、
鵡川の話に花を咲かせてください。
          
                鵡川町
大野重夫氏
北海道版画協会会員
全道展会員
春陽会会友
1995年アメリカのボストン市での
北海道木版画作家展に出品
幼少時代より通算35年間鵡川に居住。
1950年より鵡川中学校の美術教師として油絵や木版画の指導に当たる。
現在は白老町在住。

大事に使わせていただきます~~~

ふるさと名刺 「鵡川の四季」
宮永商店の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. エゾシカ より:

    鵡川といえば、
    『神の魚シシャモ』
    民話語りで読んだことありますよー♪
     
    雷さまの妹が天の神さまに頼んで、シュシュハムという柳の葉の形をした魚を鵡川に降ろしてもらい、そのおかげで、空腹で困っていたコタンの人々が救われたという伝説ですね(諸説あるようですが)。
     
    シュシュハム→シュシュヤム→シュシャム→シシャモ・・・
    ヾ(´▽`*)ゝ

  2. れいこ より:

    エゾシカさんへ
    私、勉強不足です・・・[E:coldsweats01]
    そのような民話があるんですね~~~
    むかわのこと、勉強しなくちゃ~~~