しそ焼酎 たんたかたん

20040429-b1

白糠町に伝わる話のひとつに「たんたか」という魚の話があります。
どんな話かというと、たんたかという魚が、遙か彼方の山の麓にある紫の草を苦労して持ち帰り、魚たちが元気を取り戻すことができたので、その山を「タンタカ山」と呼ぶようになったのだそうです。
白糠沖から望む「タンタカ山」は、昔も今も、漁からの帰港の時、目印として大切にされているとのことです。
この話にでてくる”紫の草”が、今では白糠町の特産になっている”紫蘇”(しそ)なんです。
紫蘇の入った焼酎が 「しそ焼酎 鍛高譚」
北海道白糠町特産しそ使用で、合同酒精株式会社 旭川工場で造られています。
さわやかなサッパリとした何とも言えない紫蘇の香り、口当たりは軽く、心地よい紫蘇の香りが口中から鼻にスゥーとぬけて、軽やかであっさりとした味わいは、飲み飽きせず女性にも人気です。
紫蘇の効能も気になりますね。
薬用効果は抗酸化作用、消臭作用、血中アルコール分解促進作用、タバコのニコチンやタールを薄める作用などで、刺身に使うのは解毒制菌作用を利用して食中毒を防ぐためなんですって、これからは、お刺身を食べるときは必ず紫蘇も食べようと思います。
しそを刻んで軽く煎じたところにショウガのすりおろしを加えると、二日酔いに効くとのこと、飲み過ぎた時に試してくださいませ。
アルコール分20% 容量720ml 価格905円 いかがですか。。。

しそ焼酎 たんたかたん
宮永商店の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!